フィンジアの育毛効果を最大限に発揮する独自のシャンプー法

フィンジアの育毛効果を最大限に発揮する独自のシャンプー法

 

フィンジアの効果を最大限に発揮するために、フィンジアを使って薄毛が改善した育毛成功者の立場から私が実践した独自のシャンプー法をご紹介させていただきます。シャンプーと言っても正しいやり方なんて学校では習わないので間違ったやり方をしている人も実は多かったりするので、知っている情報があるかもしれませんが、確認のためにチェックしてみてください。

 

 

シャンプーは4つの工程に分けて考える

髪の毛というのは1日外出しただけでも意外に結構汚れているものなのです。嘘〜、俺の髪は綺麗だぜ!と思っている方がおられたら、一度シャンプーを付けずにシャワーで髪の毛を洗ってみてください。おそらく、流れていくシャワー水の色は透明ではなく少し白く濁っているように見えると思います。そこで、シャンプーをしっかり行うことが育毛効果を最大限に発揮する要因にもなるので、ここで紹介した方法を心がけて一度試してみてください。

 

シャンプー前に髪の毛をブラッシングしない

よく雑誌などで掲載されているシャンプーの方法にはシャンプー前にブラッシングをすることで髪の毛の汚れやほこりを落とすと書かれていますが、私は一切こういったことは行っていません。理由はブラッシングによって髪の毛が引っ張られて頭皮を痛める可能性があることと、毎朝セットの時に髪の毛に整髪料を使用しており髪の毛が絡まる可能性があるからです。

 

しかも、ブラッシングをするブラシも余ぼれが溜まるので清潔な状態のブラシを常に準備しておく必要があるのでそれも面倒臭いからです。逆に、シャンプー前にブラッシングをしている人は本当にそのブラシは清潔ですか?しっかりと洗っていますか?もし、それが出来ていないのであれば逆効果なのでこれを機に辞めてしまいましょう。

 

38度前後のシャワーで余洗いする

頭皮を洗う時に髪の毛をシャワーで濡らすだけですぐにシャンプーをしていませんか?これではしっかりシャンプーが泡立たなかったり汚れが落ちなかったりとマイナスなことが多いので、事前に余洗いである程度の汚れを落とす必要があります。又、使用するシャワーの温度は38度前後が最適です。中には熱々のシャワーで洗い流すのが好きな人もいるかもしれませんが、それでは髪や頭皮への刺激が強すぎます。

 

又、中にはシャワーを使わずに湯船のお湯を頭にかけて洗っている人もいるかもしれませんが、湯船のお湯も綺麗に見えて実は実は目に見えない細菌などがいる場合もあるのでシャワーが好ましいです。余洗いの手順ですが基本的にはシャワーをしながらシャンプーをしている時のように優しく髪の毛を洗います。因みにこの余洗いで8割程度の汚れは落ちるといわれています。

 

 

シャンプーは事前にしっかり泡立ててから!

シャンプーのポンプをプッシュしてから直接頭皮につけて泡立てる人が多いようですが、シャンプーには洗浄成分が入っているので基本的には頭皮に入り込んでしまうと良くありません。その証拠にシャンプーの使用方法の欄にはもれなく使用後はしっかりと洗い流すことが記載されています。だから、シャンプーを手のひらに出した後はしっかり泡立ててから髪の毛全体に泡を付けるようなイメージで優しくなじませてきます。

 

この時に意識することは泡で洗うという点です。泡で洗うことで余洗いでは落とせなかった汚れを浮かび上がらせて洗い流すことが出来るのです。因みにシャンプーを手のひらで泡立てるといっても洗顔料のようなイメージで泡立てるのではなく、少し泡立ったかなぐらいの程度で大丈夫です。

 

指の腹ではなく指先で洗うイメージ

シャンプーというと頭を力いっぱいごしごし洗う人もいるようですがそれは絶対にやってはいけません。頭皮を痛める原因になります。又、爪を立てずに洗うというのは大体の人は理解していると思いますが、シャンプーは指の腹で洗うのが正しいと勘違いしている人が多いです。実はシャンプーは指の腹で洗うのもあまり良くありません。なぜなら、指の腹は頭皮への設置面積が大きくなるのでどうしても力が入ってしまい、その勢いで産毛などが抜けてしまう可能性があるからです。

 

なので、最も正しい洗い方は指の腹ではなく指の先(指頭)で洗うのがベストです。指の先だと力を抜いて優しく洗うことが出来るので良いというわけです。そして、洗う時のコツとしては頭皮を擦るというよりは優しくマッサージしているイメージで洗うとしっかり汚れが落とせる上に、頭皮の血行も良くなるので一石二鳥になるわけです。

お風呂から上がった後は直ぐに髪を乾かす

お風呂から上がって髪の毛は自然ドライ(放置して自然に髪の毛が乾くのを待つ)をしている男性がかなり多いと思います。しかし、これは頭皮に細菌が繁殖しやすく、せっかく清潔にした頭皮を不衛生にしてしまう可能性もあります。又、頭皮に水分が残っていると、フィンジアを使ったとしても頭皮の水分が邪魔をして育毛成分がしっかりと浸透してくれないというマイナス要素もあります。

 

逆にお風呂上りの後すぐに髪の毛を乾かしてフィンジアを使うと、フィンジアの効果を最大限に発揮することが出来るのでおすすめです(詳しくはフィンジアを使うベストなタイミングはお風呂上がりの10分間で)。

 

因みに、タオルでしっかり水分を取らずにドライヤーで乾かすのもあまり良くありません。水分をたくさん含んだ髪の毛を乾かすには相当な熱量が必要です。ドライヤーの風に近距離でずっと手を近づけてもらえればわかるのですが想像以上に熱い風が出ています。この暑い風を長時間当て続けると、やはり頭皮や髪にダメージを与えるので良くありません。なので、お風呂から上がる前に十分に髪の水分を落とした後に、優しくタオルで水分をふき取ってからドライヤーを短時間で済ませるのが良いです。