フィンジアは医薬部外品ではなく化粧品なのに本当に効果はあるか?

フィンジアは医薬部外品ではなく化粧品なのに本当に効果はあるか?

 

フィンジアの事を批判している人の中でも最も多い意見が「フィンジアは医薬品どころか医薬部外品でもなく、化粧品だから効果があるわけがない」というものです。確かに、この意見については私も疑問でフィンジアは化粧品なのに本当に効果があるのか不安に思っていました。

 

そこで、数ある育毛剤が医薬品や医薬部外品として販売されている中、なぜフィンジアに関しては化粧品に分類されて販売されているのでしょうか?本当に化粧品でも効果があるのでしょうか?詳しく調べてみました。

 

フィンジアはあえて化粧品であることを選んだ

育毛剤や育毛シャンプーには医薬品や医薬部外品、化粧品という3つに分類されています。これは国が定めた薬事方という法律に従ってそうなっています。それぞれの分類にはどのような違いがあるのかを簡単にまとめると以下のようになります。

 

医薬品・・・治療を目的としている薬の事で厚生労働省が配合されている効果を認めている。
医薬部外品・・・有効成分が一定濃度配合されている。
化粧品・・・配合されている成分の効果が認められていない、配合されている成分が少ない、医薬品として認められている成分が入っていない等

 

上記は一般的に言われている医薬品・医薬部外品・化粧品の違いです。このように見てみると化粧品よりも医薬品や医薬部外品の方が効果が高いかのように感じますが、一概にはそうは言えません。医薬品や医薬部外品として販売する為には配合できない成分があるからです。仮に、それが効果が期待できる成分だとしても厚生労働省に有効成分として認められていなければ医薬品や医薬部外品として分類されなくなるのです。そして、その成分こそがフィンジアに配合されキャピキシルなのです。

 

キャピキシルを配合しているからこそ化粧品に

フィンジアがどうして医薬品や医薬部外品に分類されないのかというと、それはキャピキシルが配合されているからです。このキャピキシルは今育毛業界でかなり話題の新成分として注目を集めているのですが、医薬品や医薬部外品の育毛剤への配合は厚生労働省ではまだ認められていないのです。

 

その理由は、この成分が開発されてからまだ数年しか経過しておらず、厚生労働省自体もその成分についての詳細をあまり理解できていないという事が言えます。これは、医薬品育毛剤に配合されているキャピキシルが日本に輸入された時にも同じようなことがあったのですが、国としては新しい成分をすぐに認めることはせず、経過を観察してから認めるといった工程を踏むのです。

 

つまり、将来的にはキャピキシルを配合しているフィンジアが医薬部外品として認められる可能性も十分にあるということが言えます。

同じメーカーが販売している育毛剤が医薬部外品であることが証拠

実はフィンジアを販売しているユーエスピーというメーカーにはフィンジアの他にM字ハゲ専用の育毛剤プランテルという育毛剤を販売しています。というよりは、プランテルを販売した後にフィンジアを販売しているといった方が正しいです。そして、このプランテルという育毛剤はしっかりと医薬部外品に認定されています。

 

つまり、どういうことかというとフィンジアを販売しているユーエスピーというメーカーには医薬部外品の育毛剤を販売するノウハウがあるという事なのです。上記で挙げた医薬品・医薬部外品・化粧品という一般的にな認識で言えば、医薬品や医薬部外品の方が効果があるというイメージが強いので、フィンジアも医薬部外品として販売した方が売れるはずなのです。

 

しかし、なぜフィンジアを化粧品として販売したかというと、やはり医薬品・や医薬部外品という分類以上にキャピキシルという成分の可能性を信じているからだということが読み取れます。つまり、フィンジアは医薬品や医薬部外品ではなくキャピキシルを配合することであえて化粧品としての製品化に踏み切ったということのようです。