フィンジア独自のゲートアクセス理論を理解する

フィンジア独自のゲートアクセス理論とは一体どんな理論?

 

フィンジアの公式サイトを見ると目を引くのがフィンジア独自の『ゲートアクセス理論』という文言です。フィンジアには育毛業界で話題の新成分であるキャピキシルやピディオキシジルを配合していますが、この2大新成分は他の育毛剤にも配合されている成分です。しかし、フィンジアはその他にカプサイシンという成分を配合することでゲートアクセス理論によってキャピキシルやピディオキシジルの効果を最大限に発揮するということのようです。そこで、この理論がどのようなものなのかを詳しく調べてみました。

 

2大新成分にどのような効果があるのか?

まず、ゲートアクセス理論について説明する上で知っておかなければいけない予備知識がキャピキシルやピディオキシジルの育毛メカニズムです。ここでは初めにキャピキシルやピディオキシジルの効果について解説します。

 

キャピキシル

フィンジア独自のゲートアクセス理論とは一体どんな理論?

 

キャピキシルとは医薬品育毛剤に配合されている成分であるミノキシジルと良く比較されてる成分で、その効果はミノキシジルに匹敵する効果とも言われています。

 

このキャピキシルは日本で開発されたのではなく、カナダの化粧品メーカーによって開発されました。成分はアカツメクサ花エキスという天然成分とアセチルテトラペプチド3というアミノ酸で形成されており、ミノキシジルのような副作用の心配はありません。

 

キャピキシルに期待できる効果は、薄毛の原因である男性ホルモンの抑制と老化した頭皮や毛母細胞の修復を行い発毛促進です。また、キャピキシル開発メーカーの研究データによると、毛母細胞の活性化を促す数値はミノキシジルの3倍を示していることから、キャピキシルはミノキシジルに匹敵すると言われている所以です。

 

ピディオキシジル

フィンジア独自のゲートアクセス理論とは一体どんな理論?

 

ピディオキシジルもキャピキシルと同じくミノキシジルと良く比較される成分です。というよりは、むしろミノキシジルによく似た成分といった方が正しいです。

 

このピディオキシジルも日本ではなくアメリカで開発された成分で、ミノキシジルの育毛効果を残したまま最大のデメリットである副作用をなくした成分を開発し、万人に利用できるように開発された成分がピディオキシジルなのです。だから、ピディオキシジルは別名ではミノキシジル誘導体とも言われているのです。

 

ピディオキシジルに期待できる効果は毛母細胞に栄養を与えて、ヘアサイクルの最適化を行い、新しく生えてくる髪の毛の成長を促す事です。そして、開発メーカーの研究結果でもピディオキシジルとミノキシジルを比較した場合、毛母細胞に栄養を与えてヘアサイクルの最適化を行う効果は同等程度と出ています。

ここが他とは違う!カプサイシンによるゲートアクセス理論

フィンジア独自のゲートアクセス理論とは一体どんな理論?

 

キャピキシルとピディオキシジルを配合しているだけでは他の同等成分を配合している育毛剤と変わりはありません。むしろ、ここからがフィンジアの特徴と言える部分で、それがカプサイシンを配合することによって実現出来るゲートアクセス理論です。

 

カプサイシンとはトウガラシに含まれる成分で、毛穴を開く効果があります。例を上げてみれば、辛いものを食べたときに毛穴がバッと開いて汗が吹き出てきた経験が誰しもあるとおもいますが、それです。

 

このカプサイシンの毛穴を開く作用を利用して、キャピキシルとピディオキシジルを毛根まで浸透しやすくさせるというのがゲートアクセス理論です。

 

特に薄毛が進行し始めている人の頭皮というのは老化によって固くなっている場合が多く、毛穴が閉じてしまっています。そうなると、例えどれだけ効果的な育毛成分を配合した育毛剤を使用したとしても毛根までは届かず、ただただ頭皮成分を塗っているのと同じ状態になってしまいす。

 

だたし、この理論にも欠点があって、頭皮に存在する毛根が完全に死んでしまっている(既に毛がない)場合にはそもそも成分をアクセスする場所がないので効果がないという事になります。だからこそ、薄毛になったかも?と感じたら早めに育毛剤を使うのがいいわけです。