フィンジアはなぜスプレーノズルを採用したのか?

フィンジアはなぜ霧状スプレーノズルを採用したのか?

 

育毛剤を購入する時に配合されている成分に注目する人は多いと思いますが、意外に軽視されがちなのがノズルの部分です。

 

育毛剤は毎日使うものなので使い勝手というのはかなり重要になってきますし、どのようなノズルタイプかによっては一回当たりの使用量にも変化が出てきます。ますは、育毛剤のノズルにはどのようなタイプがあるのかをまとめてみました。

 

霧状スプレーノズル

フィンジアはなぜ霧状スプレーノズルを採用したのか?

 

代表的な育毛剤:フィンジア・プランテル・M-1ミスト

 

ノズルをプッシュすることで育毛剤が霧状に拡散されて出るタイプです。1プッシュで広範囲に育毛剤を塗布することが出来るのがメリットです。スプレータイプは適量を広範囲に使用出来るので育毛剤の無駄が少なく最も効率的に使用できるノズルタイプです。

 

ジェット噴射系スプレーノズル

フィンジアはなぜ霧状スプレーノズルを採用したのか?

 

代表的な育毛剤:チャップアップ・ポリピュアEX

 

ノズルをプッシュすると一直線状に育毛剤が噴射してでるタイプ。かなり勢いが強く、気になる部分目掛けて塗布することが出来るのが特徴。ただし、あまりにも勢いが強いので必要以上に育毛剤が出るため、液垂れしやすく最も非効率なノズルタイプ。

 

押し当てノズル

フィンジアはなぜ霧状スプレーノズルを採用したのか?

 

代表的な育毛剤:リアップX5、ブブカ、ナノインパクトプラス

 

育毛剤を逆さにしてノズルを頭皮に直接押し当てて塗布するタイプ。このタイプもジェット噴射系ノズルと同じく狙ったところにダイレクトに育毛剤を塗布できるのがメリット。ただし、毎回頭皮に押し当てる回数を数えなければいけない面倒さと同じノズルを一ヶ月以上毎日押し当てなければいけないという衛生面的な部分も気になります。

フィンジアは内容量が少ないけど効率的に育毛できる

フィンジアはなぜ霧状スプレーノズルを採用したのか?

 

フィンジアの内容量は50mlと他の育毛剤と比べてもかなり少ないです。実際に私も初めてフィンジアのボトルを手にした時『これだけ少なくて本当に1ヶ月持つのかな?』と不安に思ったことを今でも覚えています。ただ、育毛剤というのは髪の毛全体に付けるものではなく頭皮に塗るものなので一回の使用で20~30回もプッシュする必要はないのです。

 

中には一回に20〜30プッシュする事を推奨している育毛剤もあるみたいなのですが、それだけ大量に頭皮に吹きかけたら髪の毛はびしょびしょになりますし、額から育毛剤が垂れてくるのが目に浮かびます。

 

その点フィンジアは1プッシュで霧状に広範囲に吹きかけることが出来るので、効率よく頭皮に育毛剤を塗ることが出来、一回に5プッシュ程度で頭皮の気になる部分は網羅できるので、内容量が少ない50mlのフィンジアでもしっかり1ヶ月もつというわけなのです。

 

実際に私はフィンジアを今も継続して使用していますが、フィンジア1本で一ヶ月持たなかったことはありません。むしろ、一回にスプレーする回数が頭頂部・生え際だけなので3〜4プッシュで気になる部分をカバー出来るので一カ月半ぐらいもつイメージです。